Archives: 日々

2021初日の出

2021/01/19 by rurico | No Comments | Filed in お出かけ, 日々


元日。
今年も年が明けてすぐ初日の出を見るんだ!と床につき、眠い目をこすりながら厚着の身支度。
夜明け前の諏訪大社へ初詣。人気の少ない薄明るい諏訪大社は、冷たい空気になんとも言えない清々しさ。ことしも熊手と破魔矢を手にし、さて初日の出。八ヶ岳を覆いかぶさるように分厚い雲がかかっている。隙間から朝焼け。もしかしたら見えないかもしれないけど、初詣だけでも良いし、行くだけ行ってみよう。と車を走らせる。窓が凍ってる。諏訪湖には、何人かカメラ好きなおじさんや、子連れの家族の姿が。てがかじかんでシャッターが押せない。待つこと20分くらいかな。だんだん青い空から、ピンク帯びた空の色に変わっていく。一日のうち数分しか見られないこの瞬間瞬間の色がすき。太陽が登っていくにつれて諏訪湖が染まっていく。怖いくらい美しい。そしてようやく太陽が顔を出す。初日の出を拝む前の、この移り変わる空と湖の色の変化、グラデーションが好きなんだ。
冷えたからだを下諏訪の温泉で温める。下諏訪の温泉は熱くてゆっくり入っていられない。元旦の朝は忙しいから丁度いい。近くの諏訪大社下社へお参り。元日から諏訪大社をめぐるのはここ数年恒例となりました。普段はここで帰るけど、この時間なら映画館やってるかも!と思いつき、スカラ座検索うると、えんとつ町のプペル上映するじゃない。時間も丁度いい。充実した元日の午前でした。今年いい年になりそう。

原村

2020/11/01 by rurico | No Comments | Filed in 日々


日曜日、午前中の家事を終わらせて、お客様のお家へ営業車用のステッカーの色の相談へ伺いました。4年目になる送迎付きの犬の美容室、ロゴなどデザインさせていただきそのロゴをステッカーにして車に貼っている。手描きのロゴでカッティングシートなので、制作費も高めなうえに貼りにくいという問題もあるけれど、器用なオーナーさんなので、前回もうまく張ることができて、今回車を買い換えるとのことなので、ステッカーも新調。パンフレットも先日増刷となり、内容の修正やレイアウトの見直しを行った。デザインも少し変えようかと相談したところ、「ウチのパンフレット評判いいから、デザイン変えずにこのままが良い。」とおっしゃっていただき、嬉しい気持ちが込み上げる。ありがとう。私も気に入っている。
帰りは、原村の自由農園で野菜や果物を購入。原村の野菜は元気が良くて、今年はリンゴの品質も良さそうで色とりどり並べられていました。紅葉も良い時期なので県外車も多く、コロナ禍の中でも少しづつまた活気が戻っているなぁと実感。気候も景色も食べ物もいい季節。

アサカツ

2020/10/30 by rurico | No Comments | Filed in 日々


写真は日曜日に撮った霧ヶ峰の朝焼け。
読書の時間を朝にしてから1ヶ月ほど経ったかな。本を読みたくて早起きする習慣がついてきた。この時期は日の出も遅いので、5時半でも真っ暗。部屋の電気をつけて本を読んでいると知らないうちにあかるくなっていることが多い。この写真の日曜日は、読書欲よりも日の出を見に出かけたくなって、霧ヶ峰の写真を撮りたかった。
10月が終わるので、ここ一ヶ月で読んだ本を。
・ピンヒールははかない
・夢をかなえるゾウ
・神様のいる街
・ボクたちはみんな大人になれなかった
・私の嫌いな10人の人びと(最後まで読む気になれず、売却)
・過敏で傷つきやすい人たち
・感情を整えるアドラーの教え
・人間関係が楽になるアドラーの教え
・世界の大富豪2000人がこっそり教える「人に好かれる極意」
・世界の大富豪がこっそり教えてくれたこと
・孤独になれば道は拓ける
・夢をかなえるゾウ(2)
・アクションリーディング
・ゼロ秒思考
自己啓発本のような類は、どちらかというとネガティブな印象の本を読み続けてみたけど結局行き着くところが似ているように感じてる。今は「うまくいっている人の考え方」を読んでいる時間が楽しい。しばらくは明るい読書をしよう。そしてまた自分を好きになろう。他人は私のことは気にもいていないんだから、人にどう思われるかって考えるのやめよう。うん、そうしよう。先日は会社の代表として大活躍している友人と長電話している中で本の話になり、結局行き着くところは心理学で仏教でみんなが幸せで。みたいな話題から中村元とハラリの本を紹介してもらった。私に読めるのかわかんないけど、「ブッダ伝 生涯と思想」と「サピエンス全史」を買ってみた。

工場の撮影

2020/10/29 by rurico | No Comments | Filed in 日々

叔父の工場の撮影。昨年、第2工場を建てて相変わらず忙しく稼働しているアルミダイカスト。ISOの更新に伴いHP、パンフ、名刺の修正のために打ち合わせ。私が1歳のとき、お祖父ちゃんの代から始まったこの会社も3代目になろうとしている。私が独立するときは、ほとんど叔父の何気ない一言で背中を押してもらってスタートして、もう16年。つまずきそうになったり、困ったときも頼れる叔父。久しぶりに話しして、感謝のことばも伝えられた。この仕事が一段落したら、レスポンシブサイトにリニューアルするぞ。

1分メモ「ゼロ秒思考」

2020/10/28 by rurico | No Comments | Filed in 日々


先日のアクションリーディングに続き、赤羽さんの「ゼロ秒思考」を読んだ。アクションリーディングの本のメモはなんとか継続できていて、読む速度は早くなり、頭に少しでも要点が残るようになってきているように感じている(まだ始まったばかりだけど)。とにかく自分の頭の回転の悪さや表現力のなさ(言葉のボキャブラリがない)など、何年経っても自己採点が低い点が改善されない。考えが浅いのか、自分に自信がないのか、頭の回転が悪いのか。メルカリで売れているようなので、アマゾンで検索してみると評価も高い。読むだけ読んでみようかな、くらいのつもりで読み始めて一気に読めて、早速実践してみようと思った。中でも赤羽さんの印象に残っている部分は

普通に会話をしたり、本を読んだり、インターネットを利用できるような人は、本来的にみな頭がよいと考えている。ストレスやプレッシャーに弱い人はいるが、誰でも自分の意見を持っており、安心できる環境であれば、発言できる。適切な判断力も持っている。確かに考えの浅い、深はあるが、これもやり取りする中で改善していく。年齢、学歴、性別、経験などによる差はほとんどない。ところが、驚くほど多くの人が自分に自信をもてず、せっかくの能力が宝の持ち腐れとなっている。

この一文で、私にもできると思わせてくれた。
単純な私は、最近思っていたことは、成長は死ぬまで止まらないだろうということ。体力だって年齢と共に低下するなんて言われているけど、走るペースも頻度も3年前とさほど変わっていないし、3年前は、週3回走って他の日は何もしなかったけれど、今は走らない日は、トレーングやヨガやバレエをYou Tubeでレッスンしている。音感を保つためと手先を使いたくてギターを始めたら、上達する。本を読むペースも上がったし、女性としてもっと魅力的になりたいと努力もしたいと思う。かなり話逸れすぎたけど、こんなことを思っていたところなので、きっと頭の回転だってまだまだ速くなるだろうし、難しい本も読めるようになりたい。
なので、まずはこの本を実践しよう。
この方のブログのまとめ方いいな、と思ったのでメモ(http://ai-52.net/book_zerobyoushikou/)

 

 

ACTION READING

2020/10/19 by rurico | No Comments | Filed in 日々

読書の質を高めたい、早く読めるようになりたいと購入してから積ん読になってるって、だめじゃん。読み始めると止まらず、今までの読書が身についていなかったこと、読書の量が全然足りないことを思い知らされました。30歳までに300冊って。私はもともと本を読むのは好きではなくて、学生のころなんて単純な漫画本しか読まなかった。何がきっかけだったかわからないけど、大人になるに連れて、学歴や学校の習慣を知らないことに劣等感しかなくて、自己評価が低すぎる自分に嫌気が指していた。じゃ、何をする?って、読書をすることと、この仕事に関してはセミナーや勉強会へ参加することで知識と自信をつけるというか持ちたかったと思う。東京にいることは電車で移動する時に、エッセイや小説など読むことができたけど、車で移動するこの地域での生活で読書をする時間を作ることに慣れなかった。たまに週末カフェを探して数時間読む程度。あれから何年経っただろう。読むことはやめなかったけど、多分もっと読みたいと思ったのは、「嫌われる勇気」を読み、そこからアドラー心理学を知りたくなって読みあさって。結局難しすぎて追求するまでいかなかったけれど、あの本で少し心が楽になった。かな・・・。その後はいろんなジャンルの本を読んでみたくて、本を読むことが好きになっていた。誰かがどこかであの本良かったという話を耳にすると読むようにしていた。けどね、なかなか身につかないんだよ。その時はふんふんって思って頭に入っているつもりでも読み終わると忘れちゃうし、大事だと思いながら読むと非常にペースが遅い、一冊に一週間以上かかることもあって。みんななんでそんなに速いんだろう?って、また学習能力が低いからかな?なんて感じたり。読むペースはすぐに改善され、数日で一冊読めるようになって、すこし時間が空いたり、仕事で煮詰まったときは読みかけの本をひらいたりしてた。慣れているのか、こんな読み方で良いのか、と考えいたときに目に入ってきたのが、アクションリーディング。なにこれ、今の私にぴったりじゃんと思って買って、しばらく積ん読していました(ごめんなさい)。
読んでよかった、ためになりました。
「積ん読をせずに、今読める本だけを買う」とか、「ベストセラーは少し様子をみてロングセラーになってから」、「小説を読むのは感性が豊かになったり人の痛みや気持ちを知ることができる」など。また、読んだ本の感想や、なぜ買ったのか、これから自分がどうするかといった将来への計画を書く習慣をつけるなどが書かれていて、即実践しようと思いました。ノートを一冊用意し、表紙に「本」とデカデカと書いて見えるところへおいて、一冊読んだら書けるように。攻めの読書に習慣を変えて、また自分の習慣も変わってきそうな。これからは目的意識を持って読書しよう。

雲の隙間の

2020/10/14 by rurico | No Comments | Filed in 日々

洗車して帰ってくるともう日が暮れてた。日が短くなりました。雲の隙間の夕焼けがきれいだった。

伊勢神宮 神饌/直会

2020/09/30 by rurico | No Comments | Filed in 日々


昨日、内宮でご祈祷(御饌)をして、御札と共にいただいた神饌。神饌とかかれた袋には、神様に捧げたお食事を皆さんも召し上がって直会を行ってくださいと書かれていた。昆布、烏賊、御米、御塩が入れられており、お米と一緒に炊いてその晩はよく味わっていただきました。良いだしが出たごはんが炊きあがり、ゆっくり噛み締めておいしくいただきました。
※神饌とは、神様にお供えするお食事。伊勢神宮(外宮)では、約1500年、1日も欠かすことなく毎日朝・夕の二度、塩・鰹節・昆布などのお食事を天照大御神に奉り、感謝と祈りをささげています。

伊勢神宮 内宮

2020/09/29 by rurico | No Comments | Filed in 日々


朝風呂へ入って体を清めてから早朝の内宮へ。と考えていたら、なんと雨。伊勢の真上だけすっぽり雨雲がかかっていて、雨音もする。昨日が快晴すぎて、今日は雨で、こんな忙しいお天気に巡り会えるのも珍しい。朝は自由に空いている露天風呂へ入れるのも嬉しい。ホテルを出ると小雨になっていたので海を眺めに。愛知の方は晴れ間が見える。

内宮の駐車場は、まだ車もまばらで、平日だし、雨だし人も少ない。スマホで天気予報を見ると一時間後には晴れてくるようなので、車内で少し待つことにしました。朝食のおにぎりを食べながら、ガイドブックで復習し、仮眠。1時間ほど経った8時前、雨も止みそうだったので、いよいよ内宮へ。何年も前から来たい来たいと思っていたこの場所。この光景。鳥居の前に来ると雨も上がって。一礼してゆっくりと橋を渡る。五十鈴川で手を清め、綺麗に管理されたお庭を眺めながら玉砂利の音を聞いてゆっくりと進む。雨上がりの霧が山の方へ立ち込めて、雲の隙間から薄日も指して、いい空気。

内宮へお参りして、人が少なかったらご祈祷したいと思っていたので、内宮へ行く前に受付できるとのことだったので、聞いてみると、内宮前にご祈祷を進めていただき、ひとりでご祈祷していただく事ができました。神宮ではご祈祷を「御饌」と言い、「お祓いの後、御神前に神饌をお供えし、祝詞の奏上をもって皆様の真心とお願いごとを大御神にお届けします」というもの。御饌を終えて、正宮へ向かって歩く。どんどん日差しも出てきて、目の間の光景の素晴らしさに足を止めて写真撮ったり。正宮に近づくこの緊張感たら・・・。
いよいよ正宮の前へ。言葉にならない感謝と感動が湧く。

宇治橋、手水舎・御手洗場、瀧祭神、内宮神楽殿、御贄調舎、正宮 皇大神宮、忌火屋殿・祓戸、御稲御倉、外幣殿、別宮 荒祭宮、別宮 風日祈宮、御酒殿・由貴御倉、四至神、参集殿、大山祇神社・子安神社を巡りました。
また来ます。

ポルトガルの食器

2020/09/13 by rurico | No Comments | Filed in 日々


食器を久しぶりに買いました。パラボッサで一目惚れしたポルトガルの食器。伝統的なタイル柄にアール・ヌーヴォーを取り入れたという繊細な模様。グレーと白の色合いも美しい。食器って探している時はみつからないもので、こうしてお気に入りに出会えるのって嬉しい。