Monthly Archives: 7月 2018

Restaurant REIMS YANAGIDATE

2018/07/22 by rurico | No Comments | Filed in お酒と食


青山のRestaurant REIMS YANAGIDATE でおいしいコースを堪能。繊細なアミューズ3〜4種類からスタートしお魚お肉、パンにドルチェまでどれも美味しくいただきました。シャンパンも絶品でした。 

青山

2018/07/22 by rurico | No Comments | Filed in お出かけ

今年一番の暑さだって日に、まさか東京に行くとは。むーんとする暑さの中でも久しぶりに歩く青山の街が懐かしかった。今日は、梅原さんの新刊「おいしいデ」が発売されて青山ブックセンターでのトークイベントが開催です。こっそり行こうと予定していたら、御本人からお知らせをいただき、こっそりどころかビックリ。読みかけの本を片手にイベントに参加しました。高知からは何人かいらっしゃっていて、84プロジェクトのひのきチップが配布され、会場内にはひのきの良い香りが漂う中、1年ぶりにお会いする梅原さんもお変わりなく、みんな笑いにつつまれて、楽しいイベントとなりました。サイン会では「おまん雰囲気変わったなぁ」とおぼえていてくださったことが嬉しかったり、四万十の社長さんともお話できたり、新聞バッグのスタッフご実家が父の育った場所の近くだったり。イベントが終わって夕暮れどきの青山の街、ぬるい風も混み合う人の温度を感じながらもそっけない感じも、気持ちよく思えるほど懐かしくてやっぱり好きだな〜と空を見上げて気分晴れ晴れ。

浅田

2018/07/12 by rurico | No Comments | Filed in お出かけ, お蕎麦

久しぶりのそば浅田。やっぱりおいしいし、落ち着く。久しぶりに松本へ出かける平日の目的はMINI松本とアクタスでお買い物。
お爺ちゃんのお誕生日に、偶然愛車のbBが15万キロに達し、疲れたよって言っているように感じてた。13年間一度も故障なく快調に走ってくれた愛車bB。乗り換えも気になっていたけど、乗りたいと思う車もなく、こうなったら20万キロ目標に乗り潰そうなんて考えていた。そんなときに叔父と叔母が車の買い替えの話を持ってきたり、色々なタイミングが重なった。乗りたいと思う車はなかったけど、MINIには憧れてた。まさか自分が乗れるわけないと思いつつiPhoneの待受画像をダウンロードしたり、気になってたね。そこへたまたまプレゼント応募キャンペーンで応募ついでにカタログ請求をしてみたら、ちょうど限定モデルのVictoraが発売されたとかで小物プレゼントがあるからと営業くんから電話をいただき、ひょんなタイミングでMINIへ行くことになった。13年で15万キロなんて聞いたらそりゃね・・・。Victoraのタータンチェックのマグカップをいただいてきました。
アクタスでは、白山陶器のお茶碗や、白いサラダボール、コーヒーカップを新調。リフレッシュしたり新鮮な気分を味わえた一日。

2018/07/06 by rurico | No Comments | Filed in 料理


今年も鎌倉から美味しい野菜たちが届きました。温暖な鎌倉は収穫時期が早く、形もとてもきれいでで味も濃くて美味しい。ニンニクは万能調味料になるので、醤油漬け、オイル漬け、ドレッシング、フライドガーリックと色々な保存法で重宝しています。ここ数年の定番フライドガーリックは手間はかかるけど、一度作ってしまえばとっても役立ちます。おばちゃんいつも美味しい野菜をありがとう。

白樺の緑

2018/07/02 by rurico | No Comments | Filed in 自然


雨も一段落し、白樺の新緑の撮影へ伺いました。しかし少し遅かったせいで、白樺の新緑の一番良い時期は過ぎ、周囲の木々の緑が生い茂っていました。6月中頃が理想かも。話を聞くと、白樺の芽が一番早いそうで、まだ他の木の緑が少ない時期の白樺の新緑はとても美しいのだそう。確かに写真に撮ってみるとただの林の中。来年は時期を狙って来よう。紅葉スポットも教えていただいたので、秋も楽しみです。

ベランダ菜園

2018/07/01 by rurico | No Comments | Filed in 自然

畑から離れて叔父と叔母が担当になり3年。野菜づくりできなくてちょっとさみしい。畑でで採れたパクチーの種を保管していたので、プランターに蒔いたら芽が出て、去年鉢にこぼれたらしい青じそも出てきた。プランターの野菜たちは畑に比べると成長も遅いし、小ぶりだしある程度大きくなると成長が止まってしなびてくる。肥料をちゃんと与える葉にハリが出てビシッとする。今日はパクチーをひとつ抜いて、香りを楽しんだ。この一本の茎と葉っぱと根に、強烈なパクチーの香りがぎゅっと詰まっている。スーパーで切り売りしているものとは比べ物にならない。畑のときは採りきれないほどの量だったけれど、今はこの鉢で採れるひとつひとつにありがたみを感じます。今年の夏は玉ねぎドレッシングを欠かさず作っていて、ナンプラーとレモン汁とはちみつを加えてアレンジ。そこにパクチーの根をみじん切りにして加えるタイ風ドレッシングがお気に入り。