Monthly Archives: 10月 2013

クリスマスケーキ

2013/10/30 by rurico | No Comments | Filed in Design&Art, 日々

ケーキ
クリスマスケーキ撮影。今年もそんな季節になりました。このケーキ屋さん、何回目になるだろう。今年も声をかけて頂き、撮影してパンフレットと店頭ポスターをデザインします。お互い変わっていないような日々の会話だけど、綺麗にデコレーションされたケーキも、デザインさせて頂くパンフレットも、互いの作るのもは変わっている。同じだけど違う。変わっていないように毎日美味しいケーキを作り「いつ来ても美味しいね」と感じられるケーキ屋さんと、例えば「前回よりいいパンフレットのデザイン」。デザインは目に見えて変化するもの。変わっていなければならない私の仕事。ケーキ屋さんの変わらない美味しさは、見た目と名前は同じでも研究を重ねて、“もっと美味しく”を追求しているとと感じる(職人が多い)。「いつも変わらず美味しいね。」止まらずに、もっともっともっと進化したい。今年はレアチーズケーキが登場。楽しみ。

煮玉子

2013/10/30 by rurico | No Comments | Filed in 日々

煮玉子

まだまだ遠いお絵かき

2013/10/30 by rurico | No Comments | Filed in 絵の練習

絵
描き終わると自分の中にある理想と現実で駄目だしとなる…。描いても描いても頭の中に描くものにならない。この夏は野菜をいっぱい描いてた。本物そっくりに描くことを目指しているわけじゃないのに、デッサンして塗っていくとなんか違うって思う。綺麗な絵を目指してないし、まだお絵かきの段階なんだと思う。悔しいというか、なんというか…これはこれで、書き始めた数年前の事を思えば、カタチになってる。けどまだまだ経験が足りない。先は長いと思って描きつづけよう。眠れなくて、寝ても早く目が覚めて…そんな朝は描きたくなる。・・・気楽に行こう。今は背伸びしたっていいじゃんか。あと20年、30年先の画を目指して。

2013/10/29 by rurico | No Comments | Filed in 日々, 自然

1028c
いつの間にか秋の景色に変わっていた。クライアントさんのところへ行った帰り、久しぶりに八ヶ岳を眺めに通った一本道。空気の済んだスカッとした青空。一本道の真ん中に立ち、まっすぐにのびる道に大きく深呼吸をした。
Lou Reedが71歳で亡くなり、朝からなんとなくそわそわ。ファンというわけでもなく、ただ以前勤めていた会社の上司が大好きだったのを思い出した。本人はTwitterで悲しみとLou Reedへの敬意を綴っていた。私も上司からLou Reedを知り、CDを買って良く聴いてた。当時、その系統のロックを聴いたのもLou Reedとベルベット・アンダーグラウンドがきっかけだった。またCD引っ張りだして聴いてみよう。

1028b
1028

ハーブティー

2013/10/28 by rurico | No Comments | Filed in 日々

ハーブティー
ベトナムのお土産にLINDEBLOESEMのハーブティーを頂きました。木の香りにも効能があるそうで、リラックスというより集中したいときや迷いのあるときに良さそうな事を聞いた。月に一度の更新のため、商品撮影に行くセレクトショップ。撮影が終わるとお茶を出して下さるので、毎回色々なハーブティーに出会います。ボサノヴァが流れる中、おみやげ話を聞いたり世間話をしたり。アロマの香りに包まれてホッと出来るこの時間に好き。
先月はアーティチョークのお茶は箱で頂いたので、家でも気分転換に飲んでいます。アーティチョークは珍しく、ほんのり甘みを感じる香りの強いお茶。デトックス効果があるとのこと。癖のある香りも好きな私はハーブティーの冒険をしているみたいで楽しい。

芯を持つ

2013/10/27 by rurico | No Comments | Filed in Design&Art

佐藤可士和の超整理術
カフェで本を読む日曜の午後。佐藤可士和さんの、重要なものを取り出し整理、思考の情報化…。その中にはこれまで携わったプロジェクトを例に「空間の整理、情報の整理、思考の整理」がまとめられていた。読む流れや本の中も整理されていて読みやすく、そこから生まれたデザインのコンセプトも読み応えがありました。可士和さんのデザインしたものを改めて見たいと思います。

以前だったら予定の無い日曜日は仕事してたけど、休まないと頭の整理も出来ない。午後は買い物に行き、本を読むためにカフェへ。行きたかったお店が貸し切りで入れず、古時計という鳩時計のカチカチするいかにも喫茶店という雰囲気のお店でカフェオレを注文。一冊読みきって、思っていたことを実行しなきゃと感じました。何ヶ月もまえからオフィスの棚の整理をしたいと思っていて、棚を慎重してそこへボックスを並べて書類や本の整理をしたいと考えていたけど、なかなか実行出来ずにいた。もうひとつ、提案とディレクションの仕方を見直さなければ、と思っていたのでこれも。こんなことを考えていたここ数ヶ月だったけど、この一冊はそんな私には良いタイミングだったと思う。掃除は好きだけど整理も得意になってみたいものです。

ツイスト・ロカビリー

2013/10/26 by rurico | No Comments | Filed in Design&Art

1026
お会いするのは一年以上ぶり。話すこと5時間。考えて作って書いて捨てて、また作ってまとめた企画書を持って。内容を詰めたり意見交換したり、スタートにはまだ準備と提案が必要だけど、念入りにヒアリング出来たような気がします。カンとインスプレーションで決めている社長なので、楽しくもあり、難しくもあり。始まったばかりの頃は気難しそうなのような気がしていたけど、何年か前に懸命に想いをぶつけた時から互いの気持ちが解け合えたような・・・ハッタリではなく、素直に何か信頼感が出たように思っている。まだまだもっともっともーっと知識も技術も話術も私には足りないところがあるけど、一生懸命やる。
お会いすれば雑談ばかりだけど、今日は打ち合わせ先オフィスの有線から、Bill HaleyのShake Rattle And Rollがかかった。話も終盤になりリラックスモードの中、思わず耳に入って懐かしく感じ、ロカビリーライブハウスに通っていた頃の話を。すると社長は、「その経験が、俺の思う広告をデザインする感覚にも繋がっているもかも。」と。私の遊んだ経験も無駄じゃなかったんだと感じ、嬉しかった。そしてロカビリーモードいっぱいの展示室へ案内して下さった。この長いご縁にも感謝し、久々に50〜60年代ロックンロールを聴こう。

香草庵の新蕎麦

2013/10/25 by rurico | No Comments | Filed in お蕎麦

香草庵
昨日のお昼、原村にある手打ち蕎麦「香草庵」で十割の新そばを頂きました。昼過ぎから打ち合わせだった為、道中にお蕎麦さんはないかと調べてみる。以前気になった原村のお蕎麦屋さんを思い出し、少し足を伸ばすことにしました。御柱街道を上って行った先に、雰囲気の違った一角が。周囲に何もなくわかりやす場所でした。看板はあるけど、蕎麦屋っぽい外観の建物はなく、少し奥まったところに洋風の古民家。お庭も広く、春に来たらきっとお花が綺麗なんだろうなぁと思わせる。店内もレトロな喫茶店のようなジャズでも流れて来そうな雰囲気でした。入ると奥様らしき方が案内してくれました。お客さんは二組の年配の男女。オーダーを受けるのは奥様で、二八とかぶっかけとか、鴨も自慢のようでしたが、十割のせいろを注文。お蕎麦を持って来て下さるのは、店主。お待たせしました、どうぞ…と。とっても楽しみにしていた私は、お蕎麦を見て口に出さず「わ〜」と。喜んでいると、笑顔でうなずいていました。噛みごたえも香りも良い新そば。とても美味しく頂きました。ご馳走様でした。お腹いっぱい元気になって、打ち合わせ・提案に向かいます。

香草庵香草庵

今年も生姜

2013/10/24 by rurico | No Comments | Filed in 料理

生姜ジャム
ここ数年、秋から春先までの必需品になっている生姜ジャム。今年第一弾を作りました。ハンドミキサーですりつぶした生姜を鍋に入れて、はちみつとか加えて火にかけたもの。生姜は生より火を通した方が体が温まると聞き考えた冷え性対策の保存食。甘さを控えているので、色々使える。紅茶や、朝のソイラテの他、スープや酢の物、薬味、自家製ドレッシングに加えたり…。色々役立つ万能な生姜ジャム。(ジャムっていうから甘いイメージなんだよなぁ。)ちょっと手間をかけるだけで、こんなにレパートリーが広がるとは!これからの季節、活躍しそうです。

ペンタブ

2013/10/23 by rurico | No Comments | Filed in Design&Art

ペンタブ
wacomのペン&タッチタブレットIntuos Pro来ました。ワイヤレスにもなるし、USB接続しても使える。コードがごちゃごちゃしているのは好きではないので、ワイヤレスは嬉しい。その先の自分へというキャンペーンサイトもカッコ良かった。セッティングして使い始めたけど、普段の作業をこれで行うには慣れるのに時間がかかりそうです。が、慣れたらサクサク行けそうです。仕事が落ち着いたら練習の時間を作りたい。ちなみに、今までキーボードをテンキー付のものを使用していて、テンキーをほとんど使わない私は、このペンタブが来てからスペースが要らなくなりこれを期にようやく念願のワイヤレスキーボードを購入することとなりました。
昨日は風邪を引いてしまい、東京行きをキャンセル。クライアンさんには留守になると伝えてあったので、電話も鳴らずペンタブのセッティングも出来ました。行こうと楽しみにしていたのがキャンセルとなり、その悔しさが良い反動となり仕事へ意欲が湧き、ダルさと戦いながら一冊の企画書が完成。がんばる。

ペンタブ