2021初日の出

2021/01/19 by rurico | Filed in お出かけ, 日々


元日。
今年も年が明けてすぐ初日の出を見るんだ!と床につき、眠い目をこすりながら厚着の身支度。
夜明け前の諏訪大社へ初詣。人気の少ない薄明るい諏訪大社は、冷たい空気になんとも言えない清々しさ。ことしも熊手と破魔矢を手にし、さて初日の出。八ヶ岳を覆いかぶさるように分厚い雲がかかっている。隙間から朝焼け。もしかしたら見えないかもしれないけど、初詣だけでも良いし、行くだけ行ってみよう。と車を走らせる。窓が凍ってる。諏訪湖には、何人かカメラ好きなおじさんや、子連れの家族の姿が。てがかじかんでシャッターが押せない。待つこと20分くらいかな。だんだん青い空から、ピンク帯びた空の色に変わっていく。一日のうち数分しか見られないこの瞬間瞬間の色がすき。太陽が登っていくにつれて諏訪湖が染まっていく。怖いくらい美しい。そしてようやく太陽が顔を出す。初日の出を拝む前の、この移り変わる空と湖の色の変化、グラデーションが好きなんだ。
冷えたからだを下諏訪の温泉で温める。下諏訪の温泉は熱くてゆっくり入っていられない。元旦の朝は忙しいから丁度いい。近くの諏訪大社下社へお参り。元日から諏訪大社をめぐるのはここ数年恒例となりました。普段はここで帰るけど、この時間なら映画館やってるかも!と思いつき、スカラ座検索うると、えんとつ町のプペル上映するじゃない。時間も丁度いい。充実した元日の午前でした。今年いい年になりそう。

logo design

2020/12/15 by rurico | Filed in Design&Art


富士見町の駅前でゲストハウスのオープン準備が行われています。ゲストハウスカライ。
中学の同級生が、27年間務めた観光ホテルを退職して身ひとつで始めるという宿泊施設・コワーキング。なんとなくインスタでフォローしていただいて、じわじわと進んでるようでした。本人から報告があったのは、私の誕生日にメッセージをくれたことがきっかけ。もう何年も連絡とっていなかったので嬉しかったな。そこではじめて本気で準備していることも知りました。私は「楽しみにしていまうす。がんばってね!」と。11月オープンとのことだったけど、まだかな。いつ完成するのかな、とインスタの投稿を見ていたけど遅れているようでした。しかも名前も決まっているのかいないのか、ロゴはまだ公開されないのかな?なんだかザワザワして、ふとある夜LINEを送ってみる。「準備は進んでいるのかな?ところでロゴとかどうしているの?」とすると、準備は遅れている上に、ロゴはまだ考えていなくて、ちょうど考えていたところだと。”え…自分でつくろうと思っていたのかしら?” 待ってましたと思わず「ロゴデザインさせて!打ち合わせしよう!」と手を上げました。数日後に打ち合わせ、オープンまでの密なスケジュールを逆算し、ゲストハウスをはじめるまでの経緯や意図を数時間聞き、極寒の富士見を出て、帰りの車の中ではロゴロゴロゴロゴデザインデザインデザインとぐるぐる。そして一週間。遥か昔に建てられて古民家をリノベしたゲストハウス、ゆったりと過ごしてほしいというオーナーの思い、小窓から覗く壮大な八ヶ岳。いつでもふらっと立ち寄れる温かな場所。ゲストハウスカライのロゴです。

秋の八ヶ岳

2020/11/02 by rurico | Filed in 自然


この時期の八ヶ岳は、紅葉のグラデーション。先日初冠雪を記録したけど溶けてしまった。雪があるときは、てっぺんの白い部分から、麓の赤茶色の紅葉、そして目の前は稲刈り後の田んぼの黄金色と緑。これらが不思議なグラデーションになる秋。夏の青々とした八ヶ岳もクールで好きだけど、この時期しかみられない、この景色は素晴らしい。そしてこの原村〜茅野から眺める八ヶ岳の角度がお気に入りです。

原村

2020/11/01 by rurico | Filed in 日々


日曜日、午前中の家事を終わらせて、お客様のお家へ営業車用のステッカーの色の相談へ伺いました。4年目になる送迎付きの犬の美容室、ロゴなどデザインさせていただきそのロゴをステッカーにして車に貼っている。手描きのロゴでカッティングシートなので、制作費も高めなうえに貼りにくいという問題もあるけれど、器用なオーナーさんなので、前回もうまく張ることができて、今回車を買い換えるとのことなので、ステッカーも新調。パンフレットも先日増刷となり、内容の修正やレイアウトの見直しを行った。デザインも少し変えようかと相談したところ、「ウチのパンフレット評判いいから、デザイン変えずにこのままが良い。」とおっしゃっていただき、嬉しい気持ちが込み上げる。ありがとう。私も気に入っている。
帰りは、原村の自由農園で野菜や果物を購入。原村の野菜は元気が良くて、今年はリンゴの品質も良さそうで色とりどり並べられていました。紅葉も良い時期なので県外車も多く、コロナ禍の中でも少しづつまた活気が戻っているなぁと実感。気候も景色も食べ物もいい季節。

アサカツ

2020/10/30 by rurico | Filed in 日々


写真は日曜日に撮った霧ヶ峰の朝焼け。
読書の時間を朝にしてから1ヶ月ほど経ったかな。本を読みたくて早起きする習慣がついてきた。この時期は日の出も遅いので、5時半でも真っ暗。部屋の電気をつけて本を読んでいると知らないうちにあかるくなっていることが多い。この写真の日曜日は、読書欲よりも日の出を見に出かけたくなって、霧ヶ峰の写真を撮りたかった。
10月が終わるので、ここ一ヶ月で読んだ本を。
・ピンヒールははかない
・夢をかなえるゾウ
・神様のいる街
・ボクたちはみんな大人になれなかった
・私の嫌いな10人の人びと(最後まで読む気になれず、売却)
・過敏で傷つきやすい人たち
・感情を整えるアドラーの教え
・人間関係が楽になるアドラーの教え
・世界の大富豪2000人がこっそり教える「人に好かれる極意」
・世界の大富豪がこっそり教えてくれたこと
・孤独になれば道は拓ける
・夢をかなえるゾウ(2)
・アクションリーディング
・ゼロ秒思考
自己啓発本のような類は、どちらかというとネガティブな印象の本を読み続けてみたけど結局行き着くところが似ているように感じてる。今は「うまくいっている人の考え方」を読んでいる時間が楽しい。しばらくは明るい読書をしよう。そしてまた自分を好きになろう。他人は私のことは気にもいていないんだから、人にどう思われるかって考えるのやめよう。うん、そうしよう。先日は会社の代表として大活躍している友人と長電話している中で本の話になり、結局行き着くところは心理学で仏教でみんなが幸せで。みたいな話題から中村元とハラリの本を紹介してもらった。私に読めるのかわかんないけど、「ブッダ伝 生涯と思想」と「サピエンス全史」を買ってみた。

工場の撮影

2020/10/29 by rurico | Filed in 日々

叔父の工場の撮影。昨年、第2工場を建てて相変わらず忙しく稼働しているアルミダイカスト。ISOの更新に伴いHP、パンフ、名刺の修正のために打ち合わせ。私が1歳のとき、お祖父ちゃんの代から始まったこの会社も3代目になろうとしている。私が独立するときは、ほとんど叔父の何気ない一言で背中を押してもらってスタートして、もう16年。つまずきそうになったり、困ったときも頼れる叔父。久しぶりに話しして、感謝のことばも伝えられた。この仕事が一段落したら、レスポンシブサイトにリニューアルするぞ。

1分メモ「ゼロ秒思考」

2020/10/28 by rurico | Filed in 日々


先日のアクションリーディングに続き、赤羽さんの「ゼロ秒思考」を読んだ。アクションリーディングの本のメモはなんとか継続できていて、読む速度は早くなり、頭に少しでも要点が残るようになってきているように感じている(まだ始まったばかりだけど)。とにかく自分の頭の回転の悪さや表現力のなさ(言葉のボキャブラリがない)など、何年経っても自己採点が低い点が改善されない。考えが浅いのか、自分に自信がないのか、頭の回転が悪いのか。メルカリで売れているようなので、アマゾンで検索してみると評価も高い。読むだけ読んでみようかな、くらいのつもりで読み始めて一気に読めて、早速実践してみようと思った。中でも赤羽さんの印象に残っている部分は

普通に会話をしたり、本を読んだり、インターネットを利用できるような人は、本来的にみな頭がよいと考えている。ストレスやプレッシャーに弱い人はいるが、誰でも自分の意見を持っており、安心できる環境であれば、発言できる。適切な判断力も持っている。確かに考えの浅い、深はあるが、これもやり取りする中で改善していく。年齢、学歴、性別、経験などによる差はほとんどない。ところが、驚くほど多くの人が自分に自信をもてず、せっかくの能力が宝の持ち腐れとなっている。

この一文で、私にもできると思わせてくれた。
単純な私は、最近思っていたことは、成長は死ぬまで止まらないだろうということ。体力だって年齢と共に低下するなんて言われているけど、走るペースも頻度も3年前とさほど変わっていないし、3年前は、週3回走って他の日は何もしなかったけれど、今は走らない日は、トレーングやヨガやバレエをYou Tubeでレッスンしている。音感を保つためと手先を使いたくてギターを始めたら、上達する。本を読むペースも上がったし、女性としてもっと魅力的になりたいと努力もしたいと思う。かなり話逸れすぎたけど、こんなことを思っていたところなので、きっと頭の回転だってまだまだ速くなるだろうし、難しい本も読めるようになりたい。
なので、まずはこの本を実践しよう。
この方のブログのまとめ方いいな、と思ったのでメモ(http://ai-52.net/book_zerobyoushikou/)

 

 

秋色の白樺湖

2020/10/26 by rurico | Filed in お出かけ, 自然


白樺湖へ下ると陽も高くなっていて、白樺湖一周歩くことにした。わずかな紅葉と落ち葉の光景は、別世界のようでした。遊歩道になっている板は、凍っていて気をつけて歩いていたけど滑って大転倒してしまいました。小学生低学年くらいの女の子二人を連れた仲良さそうなご家族とすれ違う前に端へ避けたら滑ってしまった。恥ずかしい。すれ違いざまに、子どもに「気をつけてね」と照れ隠しのためにつぶやくと、一番にいたお父さんが「大丈夫ですか?」と声をかけてくれて。泣きそうになった。気を取り直して鼻歌歌いながら、日曜日早朝、秋の白樺湖を楽しみました。
帰りの道中は、目に鮮やかな紅葉が広がって、心を踊らせてくれました。途中一度停車して、写真を撮ってみたけど、大した写真が撮れず、この景色は目で楽しむものなんだな、と実感。  

ビーナスラインの紅葉

2020/10/25 by rurico | Filed in 自然


夜が明けて、白樺湖へ向かってビーナスラインを走る。朝6時〜7時は日曜日でも人は少なく…紅葉の見頃は過ぎていたけど美しい光景でした。

霧ヶ峰から

2020/10/25 by rurico | Filed in 自然


早朝に目が覚めて、携帯で天気予報を覗いてみると日の出から快晴だって。また真っ暗な5時に思い立って霧ヶ峰の朝焼けを見に行こうと、さっさと防寒服に着替えて10分後にはエンジンかけて。一本外れた裏山の霧ヶ峰高原へ向かう暗闇の上り道は、車を一台も見ること無く静か。何か動物でも出てくるんじゃないかと気をつけながら進む。目の前が明るくなってきたと思ったら、右手にどーんと富士山。まだ暗い空は、少しずつ朝焼けになっていてオレンジと紺色のグラデーションが何とも美しい。数台カメラ好きが集まって三脚を立てて待っているので、この辺りが写真スポットなのかな、と思いながらゆっくりと景色を眺めながら走らせる。
この数分の間に、こんなに表情の違う富士山を見ることができるなんて。ここのところ、仕事や私生活にもんもんとしていた私には、冷えた空気に身も心も清々しい気分になる朝だけの贅沢な時間。